左手デバイスを導入しました

以前から興味があった、左手用デバイスを導入してみました。
調べていると2種類見つかって、日本語のブログやレビューなどはYESWORDが多かったのですが、AOIKTYEの紹介動画が気になったので、AOIKTYEを購入してみました。価格は私が購入したとき5,000円〜6,000円程だったと思います。色は3色あって、白かピンクが良かったけど、なぜか黒が1,000円ほど安かったので黒にしました。

数年前に気になって調べたときは、Nintendo Switchのコントローラーみたいなのが気になったんですが、使ってみた方の感想などをみて見送ったような記憶があります。

左手デバイスAOIKTYE本体
左手デバイスAOIKTYE本体
左手デバイスAOIKTYE
左手デバイスAOIKTYE
中身を取り出したところ
左手デバイスAOIKTYE
中身一覧

どうして左手デバイスが欲しかったのか

左手でiPadの画面を触って「やり直し」をしたりしますが、うまく反応しなくて線を引いてしまったり、小さい点ができてしまったりしていました。ボタンを押して「やり直し」ができれば確実に消せるし、それが空いている左手なら効率がいいなと思いました。

実際使ってみてどうだったのか

何か違う機能を選ぶときに、右手がやる動きがひとつ少なくなる感じがしました。ただまだ慣れていないので、意識しないと左手デバイスを使わずに作業してしまいます。慣れるまで逆に時間がかかって面倒に思ってしまいますが、慣れてきたら効率がいいと思います。

時間があるときに慣れておけば、忙しい時に助かるかもしれません。

Bluetoothで接続しますが、設定はめちゃくちゃ簡単でした。

買ってみてこの機能は良いと思ったところ

左手デバイスに、「コマンドキーがありました!」⌘+Cでコピーができて、⌘+Vでペースト、⌘+Xでカットができました。これは便利だなと思いました。

それから、ブラシサイズの大小をキーボードでできる。大きな%刻みで変更したり、⌘キーを押しながらだと1%ずつ変更したり両方できます。

購入から1ヶ月半の現在

割と時間があったのに慣れるほど使っていません。放置してしまいました。これから忙しい状況になるので、使おうと思っています。しばらく意識的に使って、その後の感想を追記したいと思っています。


関連記事