Tomoko Kubo Illustrations


刺繍イラストについて、どのような流れになるのか簡単に説明させていただきます。
流れはデジタル制作のイラストとだいたい同じになりますが、刺繍してからの修正が難しいため、刺繍作業に入る前に詳細を詰めておく必要がございます。

既存の刺繍パーツを使用する場合は短期間で可能です。ご相談ください。

刺繍イラスト制作の流れ

  1. 制作内容を伺います。 メールに出来るだけ詳細をお願い致します。
    使用用途(装画、雑貨、Web、映像等)、ご予算、納品希望日など。
  2. 刺繍のみが必要なのか、刺繍とイラストを組み合わせた物が必要なのか伺います。
  3. どんな布を使用するのか、撮影はどちらがするか、色はどうするか等詳細を詰めます。
  4. ラフを制作しメールでお送りします。
    ※既存キャラクターを刺繍する場合、図案をいただいてそれを写して刺繍します。
  5. ラフがOKになりましたら刺繍作業に取りかかります。
  6. 刺繍が完成→水洗い→乾燥→撮影→Photoshop加工→納品

刺繍イラストと普通のイラスト制作で違う部分(クボの場合)

  • 刺繍にはとても時間がかかります。
  • 色は刺繍糸の中から選びますので、ご指定の色がある場合は近い色で制作する事になります。
  • 周囲の布ごと撮影して使用したい場合には、刺繍のまわりに余分な布を十分にとる必要がございます。
  • ポーズ変更等の修正が難しいためパーツ毎に刺繍し、撮影し、Photoshopでコラージュやイラストを描き足します。
  • 大きく使う物だから大きく刺繍するという事ができません。針や糸の大きさは決まっておりますので、適正なサイズがございます。大幅にサイズが変わると雰囲気自体が変わってしまいます。(小さくの場合も同様です)
  • 刺繍完成後にも水洗い等の作業がございますが、刺繍を刺す布も事前の準備がございます。ご指定の布等がある場合は事前準備の時間も必要になります。
  • 御社で撮影をご希望の場合は実物をお送り致します。(基本的には現物は要返却)
ぜひやらせていただきたいお仕事でも時間的に不可能になると大変残念ですので、ぜひ早めのお問い合わせをお願い致します。

ご不明な部分等ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

info@tomocco.net

2015/12/23 クボトモコ